電話交換機の機能:転送とは


電話交換機の基本的な機能の一つである「転送」ですがこれも実は多種多様な転送方法があります。

転送とは、ある電話機に着信があったとしてその着信を何らかの方法によって別の電話機に振り替える機能で、一般的な転送といえば例えば、まず自分の電話に着信があったとしてそれに応答します、次に転送釦を押下するか若しくはフッキング操作を行い、内線トーンを聴取出来たら転送先の内線番号をダイヤルする。
転送先の電話に誰かが応答してくれたら、着信を転送する旨を伝え受話器を下ろす。
すると、電話をかけてきた人と転送先の電話で通話が開始される。

・・・って、こんな感じですかね?

上記の「一般的な転送」であれば、一旦着信に対して応答して転送操作を行いますが、利用方法によって他にもいろんな転送があります。

例えば、自分自身が着信に対して応答するまでもなく無条件に転送してしまう「自動転送(不在転送)」や電話の着信時に設定秒数以上応答できなかった場合だけ任意の電話に転送する「遅延応答転送」。
それに自分自身の内線が有線電話でない場合などは内線が利用できないとき・PHSなどが通話圏外だった場合に転送される「圏外転送」などの機能があります。

他にもいろんな転送方法があるでしょうし、それぞれの転送方式の呼び名もベンダーによってまちまちですけどどの転送にも言えることは、転送操作を行った場合はちゃんと自分が転送していることを覚えておかなければならないってことです。

電話交換機メーカーによっては電話機のディスプレイなどに自分の電話機の転送状態を表示してくれる親切な交換機もありますけど、ディスプレイのない電話機や専用釦のない電話機はやっぱり自分で状態を覚えておかなければなりません。

私自身もユーザ様から電話の故障申告で呼び出されることが頻繁にあって、「電話が着信できないんです、今すぐ来てください!!」なんて言われてすぐさま現地に赴いて、電話機を確認してみると自動転送状態が解除されてないだけだったり・・・

多くの交換機では、電話機が転送状態になっていると受話器を上げたときのトーンがいつもと違うことが殆どなのでちょっと注意してくださいね。
(いや、愚痴ではなくて・・・ね?)



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る