今日は古い問題を紹介するワケとADSLの変調方式の問題


今日の電気通信主任技術者のお勉強ネタはADSL関連の過去問からです。

ADSLやISDN関連の電気通信主任技術者の過去問を紹介するたびに「過去の技術なんていうな!」なんて書いていますけど、やはり過去の技術を踏まえた上で最新の技術って成り立っているのである程度は順番に抑えておいたほうが結局理解に繋がると思うのですよ・・・

それにね、こうやって古い問題を紹介するのには「意義」があると思ってるんですよ。
だって、新しい技術や最近の出題傾向であれば比較的に書物等で情報を得ることは容易いでしょうけど、意外と古い問題のネタって少ないものですからね
(・・・と自分に言い聞かせる!)

さて、そんな訳で今日は冒頭でも申しておりますとおりADSL関連の問題です

ADSLの変調方式
問題文章 ワンポイント
CAP方式は、上り信号と下り信号に、搬送波を一つずつ割り当てる方式である。 この文章は正しいよ

CAP方式=上り信号と下り信号に、搬送波を一つずつ割り当てる方式

☆CAPは直交振幅変調(QAM)の実現方法のひとつで回路を簡素化しやすくてコストを安くできる利点がある

DMT方式は、上り信号と下り信号とを、異なる周波数帯域を使って伝送する周波数分割の方法を採用している。 この文章も正しいよ

DMT方式=上り信号と下り信号とを、異なる周波数帯域を使って伝送する周波数分割の方法を採用

☆DMTはITU-Tから標準方式として勧告されている。
☆CAPと比べるとノイズに強い。
☆CAP変調方式と比較して狭い周波数帯域を割り当てた搬送波を複数個用いる

ITU-Tで標準化されたG.992.1(G.dmt)及びG.992.2(G.lite)は、いずれもDMT方式が用いられている。 この文章は正しいよ

☆G.992.1(G.dmt)もG992.2(G.lite)も、どちらもDMT!!

フルレート規格は、ITU-T勧告G.992.2(G.lite)で規定されている。 この文章は間違いです!

G.liteはハーフレートですね・・・

さて、いかがでしたでしょうか?

今日の問題は比較的やさしかったと思いますけどやはりポイントはDMTとCAPの概要をしっかりと押さえているか否かが得点できる・出来ないの分かれ目ではないでしょうか?

ちなみにCAP方式は直交振幅変調だから、つまりQAM方式の一つなんだけど信号の搬送に「のぼり」「くだり」で搬送波を一つずつ使う方式で別名キャリアレスとも呼ばれていて、結構ハードウェアの回路を簡素化できるみたいでコストメリットは高い技術です。

対してDMTの方はマルチキャリア変復調方式の一つでCAPと比較するとノイズに強い特徴があります。
DMT関連で押さえておくべきところは、3つ目の文章に記述されていますけど「ITU-Tで標準化されたG.992.1(G.dmt)及びG.992.2(G.lite)は、いずれもDMT方式が用いられている」というところですね。



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る