今日こそB-PONと光アクセスネットワークを!!


さて、先日B-PON関連の問題を紹介しようとして掲載しそびれたので、今日こそB-PONの問題をやってみようと思います。

ちなみに「PON」って、Passive Optical Networkの略でしてそれぞれの頭文字をとってPONって呼ぶんですけど、Passiveですから直訳してそのままの通り、受動的な光伝送を行うFTTHなどにも利用される技術で、特徴としては複数のユーザーで1本の光ケーブルを共有するために光スプリッタ(カプラ)で分岐する方式をとります。

・・・で、そのPONにはいくつかの種類がありましてATMセルを利用するB-PONやイーサネットフレームを利用するE-PON、それにギガビットイーサフレームを利用するGe-PONなどがあります。

さて、それでは今日のネタはコチラ↓↓

光アクセス伝送技術
問題文章 ワンポイント
PONシステムには、設備センタからユーザへの下り伝送路においてTDM伝送方式を用い、ユーザから設備センタへの上り伝送路においてTDMA伝送方式を用いる伝送方式がある。 この文章は正しいよ

☆PONシステムには下りTDM、上りTDMAを用いる伝送方式がある。

☆TDM・・・時分割多重(共用回線を使用する時間を等分し、複数の回線に順番に割り当てる方式。
☆TDMA・・・時分割多元多重(1つの周波数を短時間ずつ交代で複数の発信者で共有する

※TDMとTDMAってどう違うのか分からんが、とにかく「上りはTDMA」!!ってとこで。

B-PON(Broadband-PON)システムには、ATM技術を基本とする光アクセス伝送方式があり、100Mbit/sクラスのスループットに適用できるよう、ONU(Optical Network Unit)~OLT(Optical Line Terminal)間の通信において、ATMセルが用いられている。 この文章は正しいよ

※B-PONといえばATM!!

ATMだから、当然ONU~OLTの通信はATMセルを使用する。

E-PON(Ethernet-PON)システムは、ONUとOLT間でのフレーム転送において、可変長のイーサネットフレームを53バイトごとに分割して伝送する方式である。 この文章は間違ってるね

●ONU~OLT間のフレーム転送では、イーサネットフレームを分割することなく、そのままの形式で伝送される。

※イーサネットなんだからフレームは分割しないし、そもそも「53バイトごとに分割」はB-PON(ATM)ですな。

GE-PON(Gigabit Ethernet-PON)システムによるアクセスネットワークは、1本の光ファイバケーブルを複数の利用者で共有するPONであり、設備センタに設置するOLT、利用者側に設置するONU及びアクセス区間に設置する光スプリッタなどから構成される。 この文章は正しいよ

※なんだか当然のことを書いてるような気がするが「PON」はパッシブだから「光スプリッタ」を使用する。

 

さて、いかがでしたでしょうか?

なんとなく今回紹介した上記の問題は以前にも掲載したような気がするので、後でもう一問紹介しますね。

少し余談なのですが、B-PONはその昔ATMセルを利用する技術であることから「A-PON」なんて呼ばれ方をしていたのですが、今後の技術の流れによってはATMを利用しないことになる可能性もあるのでB-PONと名前を変えたのだそうです。

これって、「A」の次だから単純に「B」にしたのでしょうかね?

それはさておき、次に紹介するのも光関連の問題ですがいつものように正誤を判断する問題ではなくて穴埋めタイプの問題を紹介します。

下記の文章中で【XXXX】になっている部分が、実際に出題された問題では穴埋めにされていた部分ですので、自ずと重要な単語であるはずです。
(多分・・・)

それでは次の問題はコチラ↓↓

光アクセスネットワーク
問題文章
光アクセスネットワークのトポロジーは、【シングルスター】、アクティブダブルスター及びパッシブダブルスターの三つに大別される。

【シングルスター】構成は、もっともシンプルなトポロジーであり、設備センタから【スター】状に光ケーブルを敷設し、ユーザと設備センタが【1対1】に対応する構成である。

アクティブダブルスター構成の一つに、設備センタから【スター】状に光ファイバケーブルを敷設し、その先に遠隔多重装置(RT)を設置する方法がある。
この方法は、RTから、さらに【スター】状にメタリックケーブルを配線すること及びRTから網終端装置(NT)への電力供給、光信号への変換、信号の多重、分離などの能動機能を有することから、アクティブダブルスターといわれる。

パッシブダブルスター構成は、光信号から電気信号への変換機能などの能動機能を行う素子の替わりに【光スプリッタ】などの光受動素子を用いて、1本の光ファイバケーブルに複数の光加入者終端装置(ONU)を収容するトポロジーであり、光受動素子を用いた光アクセスネットワークということからPON(Passive Optical Network)ともいわれる。

 

さて、いかがでしたか?

この問題のポイントを列挙するとこんな感じでしょうか?

  • 光アクセスネットワークのトポロジーは、【シングルスター】、アクティブダブルスター及びパッシブダブルスターの三つに大別される。
  • 【シングルスター】構成=設備センタから【スター】状に光ケーブルを敷設し、ユーザと設備センタが【1対1】に対応する構成(もっともシンプル)。
  • アクティブダブルスター=設備センタから【スター】状に光ファイバケーブルを敷設し、その先に遠隔多重装置(RT)を設置する
  • RTから、さらに【スター】状にメタリックケーブルを配線すること及びRTから網終端装置(NT)への電力供給、光信号への変換、信号の多重、分離などの能動機能を有することから、アクティブダブルスターといわれる
  • アクティブは「能動機能」で、光/電気変換とかをする
  • パッシブダブルスター=光信号から電気信号への変換機能などの能動機能を行う素子の替わりに【光スプリッタ】などの光受動素子を用いて、1本の光ファイバケーブルに複数の光加入者終端装置(ONU)を収容するトポロジー
  • パッシブは「受動素子」で、光/電気変換はしない!!

光伝送関連の問題はそれほど困難な問題はあまり出題されにくいですし比較的同じような系統の問題が繰り返し出題されているような気がしますのでキッチリ押さえて、しっかり得点源にしましょうね!!

それでは、今日はこの辺で


あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る