法規:電圧について「直流の場合低圧は・・・


電圧

当ブログ電気通信主任技術者のススメでは、基本的に専門科目【交換】の
話題を中心に過去問の紹介などをしてきましたが、今後はちょっとだけ
法規科目についても少し触れていきたいと思います。

法規は暗記が大変な科目でもありますが、何しろ「わかりにくい」から
余計に暗記が大変なのですよね・・・
この法規コーナーでは、その分かりにくい法規科目で頻出の条文を
少し解り易くしていきたいと思います。
(多分・・・)

また、今日紹介する法令なども「法規タイピング【改】」のテキストと
して出題されるので、法規が苦手な方は一度お試しください。
(右サイドバー上部にリンクがあります)

さて、それでは今日のネタは

直流の場合低圧は750ボルト以下、高圧は750から7000ボルト、特別高圧は7000ボルト以上。交流の場合低圧は600ボルト以下、高圧は600から7000ボルト、特別高圧は7000ボルト以上である。

今回は用語の定義にカテゴライズされますが、要は「高圧って何?」
「特別高圧ってなに?」ということです。
数字がいっぱい出てきますが、例えばそれぞれ「高圧」って辞書で調べると
上記の内容と同等の結果が得られると思います。

ここで書かれている数値は電気通信主任技術者試験だけに関わらず
電気工事士や電検、それに工事担任者などでも出題される可能性のある
一般的な知識(数値)になります。

まとめるとこうですね。

■低圧とは

直流の場合 750ボルト以下
交流の場合 600ボルト以下

■高圧とは

直流の場合 750から7000ボルト
交流の場合 600から7000ボルト

■特別高圧とは

直流の場合 7000ボルト以上
交流の場合 7000ボルト以上

いかがですか?

文章にすると分かりにくいですけど、こうやって表にまとめると
少し解り易いのではないでしょうか?

なにしろ特別高圧は直流も交流も数値は同じで、高圧も上限の電圧は
同じなので、直流の高圧は750Vからだし交流は600Vからって覚えれば
良いんじゃないですかね?

それでは、今日はこの辺で


あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る