出し尽くした感があるデジタル交換機の通話路方式の問題ですが


出し尽くした感があるデジタル交換機の通話路方式の問題ですが

今日の問題はデジタル交換機関連の問題です。

穴埋め問題といいますか、虫食い問題なのですが、【 】で囲まれた文言がもともと試験問題では隠されていた部分になってます。

工事担任者のアナログ問題などでは随分と出し尽くされた問題なので、工事担任者の受験経験のある方には馴染み深い問題なのではないでしょうかね?

ただ、やはり工事担任者で出題された問題と比較して、電気通信主任技術者での出題は少々意地悪な書き方になっているので、冷静に問題を読んでクリアしてください。

さて、それでは早速今日の問題を見ていきましょう。

デジタル交換機の通話路方式
問題文章
電話用デジタル交換機の加入者系通話路は、【集線段】通話路装置と【分配段】通話路装置から構成される。

【集線段】通話路装置は、加入者線の2線信号と通話路の4線信号を相互に変換するハイブリッド機能を有した加入者回路や、【分配段】通話路へ接続する機能を有し、利用頻度により異なる加入者線の【呼量】に応じて、設備容量を経済的に最適化するための【集線スイッチ】から構成されている。

【分配段】通話路装置は、同一ハイウェイ上でチャネルの時間的位置の入れ替えを行う時間スイッチや、複数ハイウェイ間でチャネルを入れ替えるための空間スイッチ、また、これらを制御するための装置等で構成されている。

さて、いかがでしたでしょうか?

今日の問題で押さえておくポイントを書きに列挙しますね。

  • 加入者系通話路=集線段通話路装置+分配段通話路装置
  • 集線段通話路装置=2線-4線変換(ハイブリッド)、分配段通話路への接続、呼量に応じて設備容量を最適化する集線スイッチ
  • 分配段通話路装置=同一ハイウェイでチャネルの時間的位置の入れ替えを行う時間スイッチ、複数ハイウェイでチャネルを入れ替える空間スイッチ、時間スイッチと空間スイッチを制御する装置

毎回この系列の問題を紹介するたびに書いていることなんですけど、こういった「古い技術」(言い方が悪いですね…)であれば、過去に出題された問題を少しアレンジした問題しか出題されることはありませんし、真新しいことをかかれることもないのですから、しっかりと覚えて確実に得点できるようにしておきましょうね。


あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る