CRCとかMSUとかNo,7信号方式の送受信手順の問題


CRCとかMSUとかNo,7信号方式の送受信手順の問題

今日の問題はNo.7信号方式関連の問題から「No,7信号方式の送受信手順」についての出題です。

送受信手順とか通信手順って言葉を聞いたことがある(ない?)かもしれませんが、これはデータ通信であれ音声通信であれお互いに通信するための定められた約束事のようなものだと思ってください。

平たく言えば「プロトコル」ってことですけど、交換の世界ではなぜか「手順」とか「規約」などといった呼ばれ方をします。

なんででしょうね?

さて、それはともかく早速今日の問題を見てみましょう。

No.7信号方式の送受信手順
問題文章 ワンポイント
受信した信号ユニットは、フラグによってその開始位置を識別するが、フラグとデータ部を混同しないように、受信側でデータ部に1が6個連続した場合は、その直後に0を挿入しているので、0を抜き取ってデータを再構築する。 この文章は誤りです

●フラグと同一のパターンの出現を信号ユニット内の情報に許すため、送られるべき情報に対して、送信側で5個連続する“1”が現れた場合、その直後のビットに強制的に“0”を挿入し、受信側で5個連続する“1”が現れた場合、その直後のビットが“0”であれば、それを強制的に除去する「0挿入0除去」を行っている。

※肝心なのは、1が5個以上現れた場合ってこと。

信号ユニットの誤り検出は、開始フラグ部を含め、CRC部の直前までを対象に行い、CRC符号によって計算を行う。 この文章も誤りです

●誤り検査用の冗長ビットとして、各信号ユニットに16ビットを付加する。
この16ビットは、信号ユニット内の開始フラグ部直後からチェックビット部直前までのチェック対称となるデータをCRC符号により計算を行い、あまりがチェックビットと同じであればOK、不一致であれば破棄される。

※CRC部の直前じゃなくてチェックビット部の直前まで。

送信側において、新規送出MSUと再送MSUが存在するときは、再送MSUを優先して送出する。 この文章は正しいですよ

※新規ばっかり送信してたら、先に送信してるMSUがいつまでたっても送信されないじゃないか!!

☆MSU=有意信号ユニット

さて、いかがでしたでしょうか?

今回の2つ目の文章に「CRC符号」というのが出てきましたけど、これはCyclic Redundancy Checkingの頭文字をとったもので、巡回冗長検査符号といって誤り検出をする為の符号で、バースト誤りにも効果を発揮します。

そういえば、「CRC符号を求めるためには生成多項式を用いる」なんて覚えたことがありませんかね?

あと、3つ目の文章にMSUって単語が出てきましたけど、これはMessage Signal Unitの頭文字をとったもので有意信号ユニットといいます。

No.7信号方式には3つの信号ユニットがあって、「フィルイン信号ユニット:FISU」「リンク状態信号ユニット:LSSU」もう一つが今回の有意信号ユニット:MSUとなります。


あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る