何を言っているのか解りにくい「ふくそう等」の問題


何を言っているのか解りにくい「ふくそう等」の問題

今日の問題はトラヒック関連から「ふくそう等」についての出題です。

輻輳の関して記述された文章の正誤を判断するタイプの問題ですね。

今日の問題では3つの文章があるんですけど、1つ目の文章と3つ目の文章はトラヒックの勉強を軽くやっていればクリアできる文章だと思うんだけど、2つ目の文章が意味が分かりにくいです。

ココは素直な気持ちで問題を読んで正誤を判断してみてください。

電気通信主任技術者の問題は意地悪で回りくどい文章が多いんですけど、たまに今回の1つ目と3つ目の文章のようにストレートな記述も混じっているので、あまり疑心暗鬼になり過ぎて深読みしすぎないようにしましょう。

さて、それでは今日の問題を見てみましょう。

ふくそう等
問題文章 ワンポイント
加えられた呼が直ちに出線に接続することができない状態(例えば、出線全ふさがりの状態)は、ふくそうといわれる。 当たり前だね

※あたりまえだね

即時式では、加えられた呼量と運ばれた呼量に関係があり、等しい場合には、ふくそうは起らないが、差が大きいほどふくそうの度合いが低い。 この文章は誤りです

※なんだか変だよな・・・
※「加えられた・・・」が大きすぎたら、ふくそうしやすい(輻輳の度合いが大きい)

加えられた呼量と出線数が一定であるとき、出線ふさがりに出会う割合は、即時式よりも待時式の方が大きい。 この文章は正しいです

※即時式は、拒絶されたらもう接続されないのに、待時式は繋がるまで待ってるから、出線ふさがりは、待時式の方が大きいでしょう

さて、いかがでしたでしょうか?

私の日本語読解力が乏しいせいなのか、2つ目の文章の意味が分かりづらいです・・・

2つ目の文章の「即時式では、加えられた呼量と運ばれた呼量に関係があり、等しい場合には、ふくそうは起らないが、差が大きいほどふくそうの度合いが低い。」の何処が間違っているのか少しずつ考えてみます。

まず「即時式では、加えられた呼量と運ばれた呼量に関係があり、」の部分までは正しいことが書かれていて、確かに加えられた呼量と運ばれた呼量は輻輳に大きく関与します。

次に「等しい場合には、ふくそうは起らないが」とされていますけど、ココも正しいことが書かれていて、例えば100回線収容する交換機に100のCallがあってもは起きませんよね?だって、呼量に相当する「運ばれた呼量」があるということは呼を運ぶ能力があるということですからね。

最後に「差が大きいほどふくそうの度合いが低い。」ですが、【加えられた】と【運ばれた】が等しい場合には輻輳は当然生じませんが、【加えられた】が大きすぎる場合は100Callの呼があったとして、50Call程度しか運ばれなければそれは正に輻輳状態です。

また、その逆に【運ばれた】が大きすぎる場合というのは100Callの呼があったとして150Call運ぶなんてことはありません、運ばれた呼量が加えられた呼量を上回ることはあり得ませんからね。

・・・なんだか回りくどい書き方をしましたけど、要するに加えられた呼量が大きい場合輻輳が起こる度合いが高いと言えますので、2つ目の文章は誤りだと言えます。

余計に解りにくかったですか?



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る