運ばれた呼量を連呼してしまった「呼量」の問題

トラヒック関連の問題から「呼量」について記述されている文章について正誤を判断するタイプの問題を見てみましょう。

今日の問題では「生起呼量」「運ばれた呼量」などについての記述がされています。

トラヒック関連の出題では頻出の問題なのでしっかりと覚えておきましょうね。

さて、早速今日の問題を見てみましょう。

呼量
問題文章 ワンポイント
ある回線群に加えられた呼量は、延べ保留時間内に生起する平均呼数である。 この文章は誤りです。

※「ある回線群に加えられた呼量」=生起呼量
※運ばれた呼の平均回線保留時間中における平均呼数とは等しい
※「延べ保留時間内に生起する平均呼数」ではないよ。

ある回線群で運ばれた呼量は、平均保留時間内に運ばれる平均呼数である。 この文章は正しいです

☆運ばれた呼量=平均保留時間内に運ばれる平均呼数

ある回線群で運ばれた呼量は、1時間における出回線群に対する保留時間の総和である。 この文章は正しいです。

☆運ばれた呼量=1時間における出回線群に対する保留時間の総和

ある回線群で運ばれた呼量は、瞬間時の同時接続個数を測定し、同時接続個数の総和を、測定回数で除することにより求めることができる。 この文章は正しいです。

☆運ばれた呼量=瞬間時の同時接続個数を測定し、同時接続個数の総和を、測定回数で除することにより求めることができる

さて、いかがでしたでしょうか?

前述の通り頻出の問題なので、案外軽くクリアできた人も多いのではないでしょうか?

それでは、今日の問題のポイントをサクっとおさらいしますね。

  • ある回線群に加えられた呼量」=生起呼量
  • 運ばれた呼の平均回線保留時間中における平均呼数とは等しい
  • 運ばれた呼量=平均保留時間内に運ばれる平均呼数
  • 運ばれた呼量=1時間における出回線群に対する保留時間の総和
  • 運ばれた呼量=瞬間時の同時接続個数を測定し、同時接続個数の総和を、測定回数で除することにより求めることができる

何だか「運ばれた呼量」って複数回出てくるので覚えにくいですね・・・

でも、このあたりの問題は少し言い回しを変えて出題されるひっかけ問題のような出題が多いので、注意して覚えるようにしましょうね。



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

*