冷静に読めばいいです。電話用デジタル交換機における集中・分散制御方式の問題

今日の問題は電話用デジタル交換機の分散制御などについての記述について、正誤を判断する出題になっております。

さて、デジタル交換機も当然デジタルデジタル制御をされているので、膨大な量のデータなどを処理するためにも、安定した稼働を実現するためにも分散制御や集中制御を採用しています。

今日の問題はそんな分散制御や集中制御についての記述がされているんだけど、「電話交換機」ということは少し忘れて、冷静に文章を読みさえすればクリアできる問題だと思いますよ。

さて、それでは早速問題を見ていきましょう。

電話用デジタル交換機における集中・分散制御方式
問題文章 ワンポイント
複数の処理装置で機能別に処理を分担する方式は、機能分散制御方式といわれる。 この文章は正しいね

☆「機能」を分散してるからね。

同一機能を有する複数の処理装置で負荷を分担する方式は、負荷分散制御方式といわれる。 この文章は正しいね

☆「負荷」を分散してるからね。

負荷分散制御方式は、比較的処理能力の小さい処理装置を複数使っているため、大規模な処理を行うことができない。 この文章は誤りです

※大規模な処理にも対応できるでしょ。・・・そのための負荷分散だし。

集中制御方式は、単一の処理装置ですべての交換処理を行っており、システム処理能力はその処理装置の能力に依存する。 この文章は正しいよ

☆集中で制御してんだから、それはそうでしょ。

さて、いかがでしたでしょうか?

冒頭でも少し書きましたけど、この手の問題って電話用交換機だけではなくてプログラム言語や各種エネルギー制御であっても集中分散や負荷分散という言葉は存在します。

つまり、「ありがちな文章」であるともいえますので、電話用交換機についてさほど知識が必要とされるわけでもなく、冷静に文章を読むことが出来れば回答できる問題であると言えますね。

まぁ日本語の問題です。



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

*