随分見慣れた集線段とか分配段とかデジタル交換機の通話路系の問題

今日の電気通信主任技術者の問題は交換関連の穴埋め問題です。

通話路系の問題なワケですけど、集線段とか分配段についての概要の文章で【 】の部分を選択肢から埋めていくタイプの問題ですね。

交換系の勉強をしたことがある人なら、得点しやすい問題だったと思いますけど、頻出される文章ってことはそれだけ重要な文章なんだってことを頭の片隅に置いて、問題文章を見てください。

それでは、今日の問題はコチラ

デジタル交換機の通話路系
問題文章
加入者線電話用デジタル交換機の通話路は、一般に、集線段と分配段から構成される。

集線段は、【加入者回路】、【集線スイッチ】などで構成され、【加入者回路】は、加入者線からのアナログ信号をデジタル信号に変換する機能や、着信電話機へ【呼出信号】を送出する機能などを有する。
また、【集線スイッチ】は、加入者線の【呼率】に応じて、トラヒックの収束を行い、集線段通話路を分配段通話路へ接続する機能を有する。

分配段における分配段通話路装置は、集線段通話路と中継線間、集線段通話路相互間をデジタル多重信号の形で交換接続する機能を有する。

さて、いかがでしたでしょうか?

交換関連の問題の中での頻出の分野ですし、工事担任者の試験の中でも多く取り扱われている類の問題なので、工事担任者AI系の勉強をしたことがある人ならそれほど難しい問題ではなかったんじゃないでしょうか?

まぁ、頻出されるってことはそれだけ重要な文章でもあると言えますので、今日の問題の中から重要なポイントを列挙しておきますね。

  • 交換機の通話路=集線段+分配段
  • 集線段=加入者回路、集線スイッチなどで構成
  • 加入者回路=加入者線からのアナログ信号をデジタル信号に変換する機能や、着信電話機へ呼出信号を送出する
  • 集線スイッチ=加入者線の【呼率】に応じて、トラヒックの収束を行い、集線段通話路を分配段通話路へ接続する
  • 分配段通話路装置=集線段通話路と中継線間、集線段通話路相互間をデジタル多重信号の形で交換接続

専門的能力で「交換」を選択するのであれば、覚えておくといいと思うよ。



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

*