CRCなら知ってる?「信号ユニットにおけるフラグの同期等」の問題


今日の問題はNo.7信号方式関連の問題から「信号ユニットにおけるフラグの同期等」についての出題です。

信号ユニットの始まりはどこで終わりはどこなの?とか、誤り検出とかについての文章が書かれています。

問題のタイトルが「信号ユニットにおけるフラグの同期等」ってなっていますけど、大抵のデータ通信や音声通信の符号化・復号化においても「同期」って大事なんですよね。

この同期がずれると、データを正しく送り届けることができなかったり欠損したりするんですよ。

それでは早速今日の問題を見ていきましょう。

信号ユニットにおけるフラグの同期等
問題文章 ワンポイント
信号ユニットは、開始フラグで始まり、終結フラグで終了する。
連続する信号ユニット間では、ある信号ユニットの終結フラグが、次の信号ユニットの開始フラグをかねることができる。
この文章は正しいよ

※X.25でも最終のフレームラベルと次の開始ラベルは兼ねることができたので、これも同じことなんじゃなかろうか?

受信した信号ユニットは、フラグによってその開始位置を識別するが、フラグとデータ部を混同しないように、送信側でデータ部に“1”が 6個連続した場合は、その直後に0を挿入しているので、受信側では0を抜き取ってデータを再構築する。 この文章は誤りです。

※コレも、“1”が連続5個なんじゃない?

信号ユニットの誤り検出は、CRC符号により行うが、8ビット以下のバースト誤りまでしか検出できない。 この文章も誤りです

☆CRC符号の特徴
・2ビットの誤り検出と1ビットの誤り訂正
・生成多項式で除算した余り
・バースト誤りが検出できる
・符号長は16ビット・32ビット(特殊なものに12ビットもある)

※バースト誤りは検出できるけど8ビットじゃなくて2ビットということか?

さて、いかがでしたでしょうか?

ちょっと難しかったような気がしますけど、CRC符号とかはNo.7信号方式に限らずデータ通信系の勉強をしたことがある人なら聞いたことくらいあるんじゃないですかね?

ちなみにCRC符号ってのは「誤り検出符号」ってやつで、Cyclic Redundancy checkの略です。

水平パリティ方式とか垂直パリティ方式が苦手とするバースト誤りに対しても効果がある誤り検出の方式で、データ送信に対してチェック用の符号を付与して送信して、論理演算を施す方式ですね。


あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る