TTC標準JJ-201.01とか通話網設計の問題


今日の問題は「通信網の設計」となっていますけど、内容的には通話品質についての問題です。

下に紹介している文章の中で【 】の部分が穴埋めになっていたわけですけど、冷静に読めばそれほど難しい問題ではないんじゃないでしょうかね?

さて

通話網における通話品質ってのは、ここ最近では網の伝送技術自体や機器の品質自体が高まってきているので、さほど話題になることも少なくなってきたんだけど、以前は音声伝送システムを構築すたびに揺らぎや遅延、また音質などに悩まされたものです。

今ではシステムを構築してからユーザへの引き渡しもスムーズなんだけど、昔は事細かに色々と測定・試験をしたものです・・・

まぁ、そんな昔話はさておき今日の問題を見ていきましょう。

今日の問題では主観評価方法としての「MOS値」、客観評価方法としての「PSQM」「PESQ」、それから音声品質の要因の評価値について記述されている文章の穴埋めです。

それではさっそく問題を見ていきましょう。

通信網の設計
問題文章
通話品質評価の方法としては、主観評価、客観評価などが挙げられる。

主観評価方法としては、MOS値がある。
MOS値は、被験者に音声の品質を【5】段階で評価してもらい、その【平均】値で品質が表される。
また、客観評価方法としては、PSQM、PESQなどがある。

さらに、近年普及して来たIP電話サービスにおいて、通話品質評価には、総合音声伝送品質が用いられ、この評価のための指標としてはR値がる。
R値はTTC標準JJ-201.01(IP電話の通話品質評価法)において、通話品質に影響を与える品質要因に対する評価値に基づいて、以下の式で定義される。

R値=Ro-Is-Id-Ie、eff+A

  • Ro 回線雑音、送/受話室内雑音、加入者線雑音による劣化分を考慮した総合品質
  • Is ラウドネス、側音、【量子化ひずみ】による劣化
  • Id 送話者エコー、受話者エコー、絶対遅延による劣化
  • Ie 低ビットレート符号化、【パケット損失】などによる劣化
  • A モバイル通信などの利便性による影響を補完

さて、いかがでしたでしょうか?

伝送路や通話品質に関する用語に詳しくなくても、なんとなくわかるような気がする問題でしたね。

問題文章の途中に「TTC標準JJ-201.01」というのが出てきましたけど、これは問題文章にも少し書いているけどIP電話の通話品質について評価するための値、つまりR値(雑音・音量・エコー・途切れ)や端末間での遅延、それから呼損率などによって評価するってな代物です。

ちなみに、その評価によってクラスA・クラスB・クラスCに評価を分類して、クラスAであれば「固定電話と同等」、クラスBであれば「携帯電話と同等」、クラスCであれば「それら以下」の音声品質だってランク分けされるんですよ。

今現在ではクラスB以下の品質(網やアプリとか)だと、結構使いにくい扱いをされますね。


あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る