「PONシステムの機能」の問題なんです。


今日の問題は光アクセスネットワーク関連の問題から「PONシステムの機能」についての出題です。

今日の問題ではOLTとかONUとかって単語が出てきていますけど、どちらも光回線終端装置のことで、OLTはOptical Line Terminalの略で局側の終端でONUはOptical Network Unitの略で加入者側の終端装置となります。

光ファイバの配線って、スプライシングボックスでいきなり終端するんじゃなくって、このような装置が必要なんですよね。

何の事だか分らない人はISDNなんかに使われるDSUのようなものだと思っていただければいいです。

さて、今日はPONシステムの問題なワケですけど、PONシステムにおいてOLTからONU間の通信についての問題ですね。

それではさっそく今日の問題を見ていきましょう。

PONシステムの機能
問題文章 ワンポイント
OLTからONUへの同報型通信の場合、すべてのONUに同じ信号が送信され、ONUでは割り当てられた必要な信号だけを取り出し、端末側へ送信する。 この文章は正しいよ

●PON方式におけるOLTからONUへの下り方向の通信信号の送信に当たっては、IPネットワークなどから受信した通信信号を同報通信する方式が採られている。By平成18年第1回交換

☆PON方式の下り信号=IPネットワークなどから受信した通信信号を同報通信する

OLTからONUへの下り信号が同報型で送信される場合、特定ユーザ以外に情報が漏洩しない仕組みの一つとして、下り信号の暗号化がある。 この文章も正しいね

※そうそう、暗号化ですよ。

何年か前に「暗号化」じゃなくて「スクランブル技術」とか書いてた引っ掛け問題があったような気がする。

OLTが受信する信号は、光スプリッタの特性によりクロック位相や光信号の強度が異なるバースト信号であり、バースト信号受信では、ブロードキャストパケットのペイロードからタイミング情報を抽出し、ビット同期を確立する。 この文章は誤りだそうです

※文章がおかしいのは分かるが、ドコをどう直せばいいのかわからん。。。。

※多分ブロードキャストパケットのペイロードから同期情報を抽出してるわけじゃないと思うのじゃが。。。。

DBA(Dynamic Bandwidth Allocation)機能とは、OLTが各ONUに対し、上り信号の帯域を動的に制御して、帯域を割り当て、利用効率を向上されるなどの機能などをいう。 この文章は正しいね

☆DBA機能=OLTが各ONUに対し上り信号の帯域を動的に制御して、帯域を割り当て、利用効率を向上されるなどの機能

さて、いかがでしたでしょうか?

4つ目の文章でDBA(Dynamic Bandwidth Allocation)機能ってのが出てきていますけど、これは問題文章にも書かれていますけど、ONUからOLTへ向かってのいわゆる「上り帯域」に対してそのトラヒック量に応じて動的に割り当てる機能のことです。

このDBAはPONシステムの効率的な運用に案外重要な機能だったりするので、覚えておきましょうね。

それでは、今日はこの辺で。


あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る