チェックサムとかUDPの問題


今日の問題はTCP/IP関連の問題からUDPについての概要が書かれた文章の正誤を判断する問題です。

UDPっていうのはUser Datagram Protocolの頭文字をとったもので、OSI参照モデルではトランスポート層のプロトコルです。

このトランスポート層での役割としては一つ階層のネットワーク層と一つ上の階層であるセッション層との橋渡しをする役割を持っている層ですね。

その中でザックリとTCPとUDPを比較すると、信頼性が高いTCPに対してUDPは信頼性はTCPに劣るけど転送速度が高くストリーミングデータなどで使いやすいプロトコルだったりします。

さて、今日はそんなUDPについての問題をご紹介しますね。

UDP
問題文章 ワンポイント
UDPは、一般に、アプリケーションに対し、ストリーム型の全二重通信サービスを提供するトランスポートプロトコルである。 この文章は間違ってるよ

●UDPは、一般に、アプリケーションに対し、ストリーム型の一方向通信サービスを提供するトランスポートプロトコルである。

☆UDP=ストリーム型の一方向性

UDPは、受信側のバッファをあふれさせないように、受信側から送信側への送出を制御するフロー制御の機能を有している。 この文章も誤りです

●UDPはコネクションレス型プロトコルで、TCPが持っているコネクション管理、スリーウェイハンドシェイク、確認応答、ふくそう制御、フロー制御といった機能を持っていない。

※そういう機能があるのはTCP!!

UDPは、送受信されるデータのチェックサムを行う機能はあるが、再送制御、順序制御の機能はない。 この文章だけ正しいです

※チェックサムはTCPにもUDPにもある。←結構重要!!

さて、いかがでしたでしょうか?

3つ目の文章で「チェックサム」という単語が出てきていますけど、これはUDPパケットのヘッダフィールドにある16ビットのフィールドで、パケットの正常性などの検査を行うためのものです。

ちなみにUDPのヘッダは「送信元」「送信先」「UDP長」「チェックサム」それに「データ」となります。

合わせて覚えておきましょうね。


あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る