「IP電話の概要」ってな穴埋め問題


IP電話

今日の問題は「IP電話の概要」ってことで、IP電話に関する文章の一部が欠損しているので、選択肢の中から正しい語句を選ぶ問題です。

問題中の【 】の部分が虫食いだったわけですけど、もうすでに答えを入力していますので、サラっと読み進めてください。

今日の問題では特段目新しいことが書かれているわけでもないので、サラサラっと目を通しておく程度でいいと思うよ。
それでは早速今日の問題を見ていきましょう。

IP電話の概要
問題文章
IP電話を実現する主な技術には、アナログの音声をデジタルデータに変換する【符号化】技術、そのデータをIPパケットに乗せてインターネットに送出すパケット化技術、IPアドレスを使って相手と仮想的な通話回線を確立する【呼制御】技術などがある。
これらの技術をまとめて標準化した仕様として、ITU-T勧告H.323などがある。

IP電話では、相手先の電話番号とIPアドレスを変換する仕組みが不可欠である。
クライアント数が多い企業やプロバイダにおけるITU-T勧告H.323に準拠したIP電話では、電話番号とIPアドレスを管理運用する【ゲートキーパ】を設置し、【VOIPゲートウェイ】からの問い合わせに対して、電話番号からIPアドレスへの変換などを行い、【VOIPゲートウェイ】にIPアドレスを通知する。

さて、いかがでしたでしょうか?

IP電話のシステムを構築する上で重要な技術として、符号化・復号化とか呼制御の技術などが挙げられるのは何となくわかりますよね。

今日の問題は冷静に文章を読んでれば、正しい選択肢を選び出すことができるとは思うんだけど、ゲートキーパとかゲートウェイの働きについてはキッチリ押さえておく必要がありますね。

電話番号とIPアドレスの管理運用=ゲートキーパ
プロトコル同士の接続=ゲートウェイ”

・・・うん、この辺りは常識と言えば常識なんだけど、それぞれどんな働きをする機器なのかってのを頭の中で整理しておいてください。

「そんな機械なんて今どき使ってるの?」なんて言われそうな気がしますけど、今でも十分に音声通信の現場で頻繁に出てくる単語ですし、それになにより電気通信主任技術者の問題でも結構出てきますしね!


あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る