今日もネットワーク系


さて、今日も電気通信主任技術者の勉強をしますよ

とは言うものの、今日はあまり時間が取れないので少しだけ・・・

それでは、今日のネタはコチラ↓↓

ルータなどの機能
問題文章 ワンポイント
ルータにおける代表的なルーチング手法にはスタティックルーチングとダイナミックルーチングがある。
ダイナミックルーチングでルーチングテーブル情報を定期的に交換する代表的なプロトコルとしてはICMPがある。
この文章は間違ってるね
●ルーチングテーブル情報を定期的に交換するプロトコルはルーチングプロトコルで、例えばTCP/IPネットワークの場合、RIP、OSPFと言ったルーチングプロトコルが使用されている。
ICMPは、ルータやコンピュータ間で使用され、IPの状態に関する情報の問い合わせ方法と、コード値の詳細を規定したプロトコル。
※ICMPって…_| ̄|〇
ICMPって言えばPINGとかですよ。。。
ルータにおいて、IPマスカレードは、ローカルネットワーク内の複数のプライベートIPアドレスを、ポート番号及びMACアドレスを用いて、同時に一つのグローバルIPアドレスに変換する機能として使用される。 この文章は間違ってるね
●IPマスカレードは、ローカルネットワーク内の複数のプライベートIPアドレスをNATにTCP/UDPポート番号を組み合わせて、同時に1つのグローバルIPアドレスに変換する機能として使用される。
※確かにIPマスカレードは一つのグローバルアドレスを複数のホストで共有できるようになるけど、ポート番号とMACアドレスで変換してるんじゃなくて、ポート番号とIPアドレスで変換してるです。
ルータにおけるフィルタリング機能は、ネットワークアドレス単位でのフィルタリングやポート番号レベルでのIPパケットの制御を行うことが可能であり、特定のIPパケットだけを転送するように制限できる。 この文章は正しいよ
※アクセスリストとかの話しね。
IPパケットの内容を識別して、パケット単位に通過とか、拒否とかを設定できるです。
ルータとレイヤ3スイッチは、ともにOSI参照モデルのネットワーク層のルーチング処理専用の装置で、ハードウェア主体のものはルータ、ソフトウェア主体のものはレイヤ3スイッチといわれる。 この文章は間違ってるね
●特定用と専用ICを用いたハードウェア主体のものはレイヤ3スイッチ、ソフトウェア主体のものはルータといわれる。
※ちゃんと読めば大丈夫だとは思うけど、ルーティングするのにレイヤ3スイッチはハードウェアベースで、ルータはソフトウェアベースでルーティングしてるです。

それでは今日は休日ですけどあまり遊び過ぎないように!!

ちゃんと勉強の時間をとりましょうね♪

それでは今日はこの辺で。



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る