BORSCHTって久々聞いた!!

今日の電気通信主任技術者試験勉強交換のネタでいこうと思います。

まぁ、私自身が交換機に携わる業務に関わることが多いので「交換」のネタってとっつきやすいイメージがあるんですけど工事担任者の資格を取得してから電気通信主任技術者の資格へステップアップされる方にも、多少はとっつきやすい問題かな・・・と思ってます。

それでは、本日のネタはコチラ↓↓

電話用デジタル交換機の加入者回路におけるBORSCHT機能について
問題文章 ワンポイント
BORSCHT機能の“B”は、Battery feedの略で、通話電流の供給の他、ダイヤルパルス受信時に必要となる直流電流の供給などを行う機能である。 この文章は正しいよ

※BORSCHTのBのはなし。
☆Bは電流の供給をしてる。

BORSCHT機能の“S”は、Signalingの略で、発信音、呼出音、話中音などを送出する機能である。 この文章は間違ってるね

☆S(ループ監視)
デジタル式電話交換機の加入者回路で、直流監視回路によりL1線とL2線に流れる電流を監視することにより、加入者からの発呼、応答などを監視することができる機能をS(ループ監視)機能という。
例えばL1線とL2線の電流の和があるしきい値以上であれば、電話機がオフフックと判断する。
※SはSignalingじゃなくてSupervisionだったような気がする。。。

BORSCHT機能の“C”は、Coderの略で、変調器と復調機からなるアナログ-デジタル変換を行う機能である。 この文章は間違ってるね

☆C(A/D変換)
・デジタル式電話交換機の加入者回路において、アナログ信号とデジタル信号の変換を行う機能は、BORSCHT機能の中のC機能といわれている。
・アナログ信号とデジタル信号の変換を行う機能は、A/D相互変換機能といわれる
※「C」はCodecで、アナログ信号/デジタル信号変換してるんだから、「変調・復調」じゃおかしいと思う(変調は振幅・周波数・パルスとかの話しだから)。

さて、いかがですか?

今日のネタが交換のBORSCHTでしたがその中のBSCの問題ですね。

以前は工事担任者の試験でもBORSCHTって必修問題でしたから、電気通信主任技術者の受験をされる方には聞き覚えのある問題だと思います。

・・・しかし、BORSCHTって久しぶりに聞きましたよ

BORSCHTは交換機の挙動動作を知る上で、本当に基本原理なんだろうけど、今や交換機に携わる人間でも、こんなのってあんまり意識することがなくなってきてるんですよね

なんだかちょっと寂しいような・・・

それでは、今日のところはこの辺で



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

*