TCP/IPの階層モデルの問題

ども~
今日の電気通信主任技術者の問題はTCP/IP関連でお届けします!!!

ごくごくありがちなOSI参照モデルの基本問題みたいな感じですので軽~くみてください。

それでは、今日の問題はコチラ↓↓

広義のTCP/IPの階層モデル
問題文章 ワンポイント
最上位層に位置づけられるのがネットワークインタフェース層であり、隣接するノード間の伝送路上での通信を実現する機能を有する。 この文章は間違ってるよ
※TCP/IPの階層モデルで「ネットワークインターフェース層」は最下層だし、最上位層はアプリケーション層です。。。
インターネット層は、IPパケットなどのルーチングを行う機能を有し、この層におけるプロトコルにIPがある。 この文章は正しいね
※インターネット層はOSI参照モデルの「ネットワーク層」相当する階層なので、この文章は正解。
トランスポート層は、異なるホストに存在するアプリケーション間の通信を可能とし、この層におけるプロトコルにTelnetがある。 この文章は間違ってるよ
※トランスポート層じゃなくて、コレもアプリケーション層のはなしだな。。。
アプリケーション層には、特定のアプリケーションに利用される多くのプロトコルがあり、ファイル転送用のFTP、ネットワーク管理用のSMTP、電子メール転送用のSNMPなどがある この文章は間違ってるよ
※アプリケーション層のはなしには違いないけど、SMTPは電子メール転送用で、ネットワーク管理はSMTPって感じで、逆になってる。

いかがですかね?

こういった「サービス問題」的なのももう少し増えてくれると、電気通信主任技術者の資格も取得しやすいんですけどね・・・

それでは今日はこの辺で



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

*