タイプ5はセルごとじゃなくCPSC-PDUごとにCRCチェックで誤り検出だ!!


ところで、電気通信主任技術者研究会から出版されている過去問題集って本当に高額ですよね・・・

6000円以上ですよ!!

共通編と専門編の2冊を買ったら12000円Over!!!
しかも、自分が受けない科目の問題ももれなくついてくるので無駄が多い!!

さらに5年分程度の問題しかないしボリューム的に、不十分!!
・・・・ふぅ、さらに誤字脱字も多いしでもね、買わざるを得ないのですよ。

ネットで情報を漁っていると、古いのは結構出てくるんですけど新しい問題が出てこないですからね

ココはひとつ「お布施」だと思って購入した方がいいと思いますよ。

さて、今日のお勉強のネタはATMですね。

このブログではなるべく出題ジャンルが偏らないようにランダムに掲載しているつもりなんですけど、こうATMの問題が多いっていうのはやはり電気通信主任技術者の出題傾向として、いかにATMの問題が多く出題されているかってことですよね・・・

それでは、今日のネタはコチラ↓↓

ATMアダプテーションレイヤ(AAL)タイプ5
問題文章 ワンポイント
AALタイプ5は、サービスクラスBの可変速度の音声、映像等のサービスを提供するためのATMアダプテーションレイヤとして定義されている。 この文章は間違ってるね
AALタイプ5はクラスD!!
ちなみに・・・
クラスA CBR AALタイプ1 実時間性が要求される音声・画像転送に適用される
クラスB VBR AALタイプ2 可変速度の音声、映像等のサービスを提供する
クラスC コネクション型VBRのAAL3とコネクションレス型VBRのAAL4
クラスD コネクション/コネクションレス型VBRのAAL5
AALタイプ3/4がCPCS-PDUごとに誤り検出を行うのに対して、AALタイプ5は、SAR-PDUごとに誤り検出を行う。 この文章は間違ってるね
※AALタイプ3/4とタイプ5が逆
AALタイプ5はセルごとに誤り検出を行わず、CPSC-PDUごとにCRCチェックで誤り検出を行う。
 AALタイプ5のSAR-PDUには、ヘッダ、トレイラは含まない この文章は正しいよ
※はい、含まないよ。

さて、いかがでしょうか?

今日はATMアダプテーションレイヤの問題でしたがATM関連の問題は専門科目だけでなく、伝送交換及び設備管理でも多く出題されていますので、必修の分野となっていますのでしっかり勉強してくださいね。

それでは、今日はこの辺で


あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る