あの娘ぼくがATM決めたらどんな顔するだろう


ども~♪

今日は記事のタイトルが妙なことになってますけどあんまり気にしないでくださいね

ちゃんとATMの問題から掲載しますよさて、今日はATMのパスとチャネルとなっていますが要はVPIとVCIの概要の問題ですね。

それでは、今日のネタはコチラ↓↓

ATMネットワークにおけるパスとチャネル
問題文章 ワンポイント
あるバーチャルパス(VP)内に収容されるバーチャルチャネル(VC)と、別のVPに収容されるVCは、異なるバーチャルチャネル識別子(VCI)を用いなければならない。 この文章は間違ってるよ
※同一物理レイヤ内の、あるVPに収容されるVCと別のVPに収容されるVCは、同一のVCIを用いることができる。
物理レイヤ内のVCを特定するためには、バーチャルパス識別子(VPI)及びVCIの両方を指定する必要がある。 この文章は正しいね
※ま、そりゃそうでしょ。。。
※束(VPI)を指定して、中身(VCI)を指定するんでしょ。
VCの束としてのVPを用いることにより、故障時の迂回経路への切替等の経路制御は複雑になる。 この文章は間違ってるよ
※VCの束としてVPを用いるので,故障時の迂回経路への切り替えなどの通信チャネルの経路制御を単純化できる
VPの接続、切替を行う装置(VPH)は、VPIとVCIを用いてセルの転送を行う。 この文章は間違ってるよ
※VPH=Virtual Path Handler:仮想パス・ハンドラ
ATMネットワーク要素の一つで、仮想チャネル・ハンドラ(VCH)間に設定された仮想パス(VP)の通信チャネルを中継する装置のこと。
※VPHは接続・切替はしてるけど、VCHがセルの転送をしてくれるから、VPHはVPIとかVCIを用いて転送してるわけじゃない?

さて、いかがでしたか?

VPIとVCIの概要の問題ですけどなんとなく、わざと問題文章の言い回しを複雑にして回答を解りにくくしている節のあるちょっと意地悪な問題ですね

VPIとVCIの関係を冷静に考えればそんなに難易度の高い問題ではないと思うんですけど、なにぶん文章が解りにくい・・・

あと、VPHが出てきてますね。

VPH(バーチャルパスハンドラ)やVCH(バーチャルチャネルハンドラ)ってちょっと聞きなれない言葉かもしれないですけどVPHやVCHはATMスイッチのことだと読み替えると大体察しがつくんじゃないかな?

それでは、今日はこの辺で



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る