VDSLとかHDSLとかADSLなどのxDSLの特徴の問題


今日の電気通信主任技術者のネタはxDSLですね。

VDSLとHDSLとADSLの特徴について正誤を判断する問題になっています。

それでは、今日のネタはコチラ↓↓

xDSLの特徴
問題文章 ワンポイント
VDSLの変調方式は、バイナリ信号の2ビット分を4値の振幅を持つパルス信号に割り付ける2B1Q符号であり、一般に、伝送距離はHDSLより長くなる。 この文章は間違ってるよ

●変調方式は2B1Q変調ではなくADSLとおなじDMTで、TDDによる全二重通信を行う。
周波数の重複回避を容易にするため、下りは1.1MHz、上りは3.75MHz、下りは5.2MHz、上りは12MHzの4分割に変更。
一般に、伝送距離は300~1,500mでHDSLの最大3700mより短い。

VDSLの変調方式はDMTで、TDDで全二重通信を行う。←コレ重要だと思うよ。
※VDSLは伝送距離が短い(当然HDSLより短い)。

HDSLは、1対のメタリック回線を用い、ユーザ側からの上り信号と、設備センタからの下り信号の伝送速度は非対称であり、一般に、電話との同時利用は行っていない。 この文章は間違ってるよ

●HDSLは電話との同時利用を行い、2対4本のメタリックケーブル回線を用いユーザ宅から電話局に向かう上り方向と、電話局からユーザ宅に向かう下り方向の伝送速度が対称である。
通信速度は1.5~2Mbit/s

※HDSLは伝送速度が対称です。

VDSLは、ADSLと比較して高速での通信が可能であるが、一般に、伝送距離が数百m程度と短いため、マンションなどでの各戸へのアクセス回線として使用される。 この文章は正しいね

※ま、当然か・・・

フルレートの高速型のADSLは、G.liteといわれ、スプリッタレスの低速型のADSLは、G.dmtといわれる。 この文章は間違ってるよ

フルレートの高速型のADSLは、G.dmtといわれ、スプリッタレスの低速型のADSLは、G.liteといわれる。

※今までしつこいくらい出たな、コレ・・・

さて、いかがでしたか?

それほど難しい問題ではなかったと思うのですが、記載されている用語について少しだけ補足すると・・・

2B1Q符号っていうのはデジタル通信の伝送方式の一つでものすごくシンプルな符号変換で伝送されているんだけど、HDSLでも利用されている方式だね。

あと、TDDっていうのはTime Division Duplexの略で時分割複信って呼ばれるんだけど送信と受信を高速に切り替えて伝送する方式ですね。
・・・だから「TDDで全二重」って書いてますけど実際には擬似的に全二重ってことになりますね

なんだか消化不良な感じになりましたけど今日はこの辺で



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る