DBMとかCAPとかDMTとかADSLの問題


さて、今日の電気通信主任技術者のネタはxDSLですね。

xDSLのなかでも今回のADSLは当然皆さん馴染みが深いと思いますけど、今回の問題ではADSLの技術の概要を記述した文章の正誤を判断するものですのである程度読んでいるだけでも結構良い勉強になるんじゃないですかね?

さて、それでは今日のネタはコチラ↓↓

ADSLの方式
DMT方式は、比較的狭い帯域の複数のサブチャネルを用いてデータを伝送するため、伝送路にノイズがあり、一部のサブチャネルが利用できなくなった場合でも、他のサブチャネルを用いて通信を確保できるという特徴がある。 この文章は正しいね

☆DMT方式=上り信号と下り信号とを、異なる周波数帯域を使って伝送する周波数分割の方法を採用

☆DMTはITU-Tから標準方式として勧告されている。
☆CAPと比べるとノイズに強い。
☆CAP変調方式と比較して狭い周波数帯域を割り当てた搬送波を複数個用いる

・・・っていうのが、前に出てたけどそれに加えて複数用いた周波数帯域のおかげで、一部のチャネルがアボンしても別のチャネルで通信を確保できる。。。
ってのが追加されてる。

ADSLでは、高速化と接続の安定性を確保するため、一般に、設備センタ側からの下り信号の変調には、QPSK方式と比較して伝送効率は低いが雑音に強いQAM方式が使われ、ユーザ側からの上り信号の変調には、回線状態により、QPSK方式とQAM方式のいずれかが選択される。 この文章は間違ってるね

●ADSLでは、高速化と接続の安定性を確保するため、一般に、設備センタ側からの下り信号の変調には、QAM方式と比較して伝送効率は低いが雑音に強いQPSK又は回線状態によりQAMが使われ、ユーザ側からの上り信号の変調にはQAM方式が選択される。

※ADSLは上りがQAM方式で、下りがQPSK又はQAMってことなので、今回のこの文章は上り下りが逆ね。

・・・いつでも「下り」の方が優遇されてるのぅ

CAP(Carrierless Amplitude and Phase Modulation)方式は、ユーザ側からの上り信号と設備センタ側からの下り信号に搬送波を一つずつ使う方式である。 この文章は正しいよ

☆CAP方式=上り信号と下り信号に、搬送波を一つずつ割り当てる方式

☆CAPは直交振幅変調(QAM)の実現方法のひとつで回路を簡素化しやすくてコストを安くできる利点がある

DBM(Dual Bit Map)方式は、漏話雑音量に応じて近端漏話区間用と遠端漏話区間用の2種類のビットマップを切り替えながら使用し、ISDN回線からの漏話による影響を低減化し、伝送特性の改善を図る方式である。 この文章は正しいよ

☆デュアルビットマップ=漏話雑音量に応じて近端漏話区間用と遠端漏話区間用の2種類のビットマップを切り替えながら使用し、ISDN回線からの漏話による影響を低減化し、伝送特性の改善を図る方式

さて、いかがでしたか?

今日のポイントは・・・

  • DMT方式の概要
  • ADSLの上り下り毎の信号変調方式
  • CAP方式の概要
  • DBM方式の概要

・・・といったところでしょうか?

今回の「問題文章」と「メモ文章」をある程度目を通しておくだけでなかなか良い勉強になると思いますよ

それでは、今日はこの辺で



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る