シングルスターとかダブルスターとか光アクセスネットワークの問題


ども

今日は光アクセスネットワークについての問題ですが、普段なら表の左列が問題で、右列にその正誤とポイントを記載してるんだけど、今日の問題は「穴埋め問題」なのでちょっと変な感じですね・・・

さて

今日は光アクセスネットワークの問題でシングルスター・アクティブダブルスターパッシブダブルスターの構成の概要を記述している問題です。

そんなに難しい問題でも無いので、サラっと目を通すくらいでいいと思いますよ。

それでは、今日のネタはコチラ↓↓

光アクセスネットワーク
問題文章 ワンポイント
光アクセスネットワークのトポロジーは、【シングルスター】、アクティブダブルスター及びパッシブダブルスターの三つに大別される。 ☆光アクセスネットワークのトポロジーは、【シングルスター】アクティブダブルスター及びパッシブダブルスターの三つに大別される。
【シングルスター】構成は、もっともシンプルなトポロジーであり、設備センタから【スター】状に光ケーブルを敷設し、ユーザと設備センタが【1対1】に対応する構成である。 【シングルスター】構成=設備センタから【スター】状に光ケーブルを敷設し、ユーザと設備センタが【1対1】に対応する構成(もっともシンプル)。
アクティブダブルスター構成の一つに、設備センタから【スター】状に光ファイバケーブルを敷設し、その先に遠隔多重装置(RT)を設置する方法がある。
この方法は、RTから、さらに【スター】状にメタリックケーブルを配線すること及びRTから網終端装置(NT)への電力供給、光信号への変換、信号の多重、分離などの能動機能を有することから、アクティブダブルスターといわれる。
アクティブダブルスター=設備センタから【スター】状に光ファイバケーブルを敷設し、その先に遠隔多重装置(RT)を設置する

☆RTから、さらに【スター】状にメタリックケーブルを配線すること及びRTから網終端装置(NT)への電力供給、光信号への変換、信号の多重、分離などの能動機能を有することから、アクティブダブルスターといわれる

※アクティブは「能動機能」で、光/電気変換とかをする

パッシブダブルスター構成は、光信号から電気信号への変換機能などの能動機能を行う素子の替わりに【光スプリッタ】などの光受動素子を用いて、1本の光ファイバケーブルに複数の光加入者終端装置(ONU)を収容するトポロジーであり、光受動素子を用いた光アクセスネットワークということからPON(Passive Optical Network)ともいわれる。 パッシブダブルスター=光信号から電気信号への変換機能などの能動機能を行う素子の替わりに【光スプリッタ】などの光受動素子を用いて、1本の光ファイバケーブルに複数の光加入者終端装置(ONU)を収容するトポロジー

※パッシブは「受動素子」で、光/電気変換はしない!!

さて、いかがでしたか?

まぁ、それぞれの構成の概要と言っても言葉の意味を少し考えればあまり難しくはないでしょ?

例えば「シングルダブルスターって何がシングルなの?」とか「アクティブダブルスターのアクティブって何がアクティブなの?」って少し考えれば答えは見つかると思いますよ。

それでは、今日はこの辺で


あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る