SS型とかADS型とかOTDRとか光アクセスネットワークの特徴


さて、今日は光アクセスネットワークの問題ですね

電気通信主任技術者の出題傾向として専門科目の交換であれ、伝送であれ、データ通信であってもこの光アクセスネットワーク関連の分野は必須だし、それ以前に伝送交換設備及び設備管理の科目でも「ひかり関連」の問題はウェイトが高いので、しっかり勉強する必要がありますよ!

・・・しかし、試験勉強でのウエイトは言うまでも無く実際の仕事の上での「ひかり関連」の知識のウェイトも相当高くなっているので、基本的な用語はキチンと押さえておかなければなりません

「電気通信主任技術者として・・・」というよりは「通信工に従事するものとして・・・」理解しておきたいところです。

・・・なんて、ココ最近光ケーブルの融着や障害点の検出の仕事が多くて余計にそんな風に思うんでしょうけどね♪

さて、それでは今日の問題はコチラ↓↓

光アクセスネットワークの特徴
問題文章 ワンポイント
SS型は、設備センタ側において各ユーザごとにOLTが必要となり、ADS型やPDS型と比較して、ユーザへの帯域の確保などの伝送特性上の制約が多い。 この文章は間違ってるね 

※各ユーザごとに必要なのはONUで、帯域の確保などの伝送特性上の制約は少ないんじゃなかろうか? 

ADS型は、設備センタとユーザ間に光/電気変換機能、多重/分離機能を有する装置を設置した形式で、装置の設置スペースや電源の確保が必要となる。 この文章は正しいよ 

※光/電気変換、多重/分離装置の設置場所は当然必要だろうな。。。 

ADS型は、設備センタとユーザ間に光スプリッタを用いて分岐するため、この区間の故障の探索には、OTDRを使用する。 この文章は間違ってるね 

☆長いケーブル上での障害点検出として、一般的に考えられるのはOTDR (Optical Time Domain Reflectmeter)による方法である。 OTDRは光ファイバにパルス光を入射し、ファイバ内で発生する後方への散乱とケーブル接続点や破断点で起こる反射で戻ってきた光を電気的な時間波形として捉える 

※というわけで、OTDRは確かに故障区間の探索に使用されてるんだろうけど、コレってたぶんPONの話だと思うよ。(ADSは途中からメタルだし) 

ADS型は、光/電気変換を行わない能動素子を使うため、高速双方向通信の提供が容易である。 この文章は間違ってるね 

※単純に「ADS」じゃなくて、「PDS」の説明だ。 

さて、いかがでしたか?

SS型についてや、ADS型についての文章はある程度「ひかりデバイス」についての勉強を修めていたら理解できる部分だと思いますけど今回ちょっと引っかかりそうなポイントは「OTDR」ですかね?

OTDRは上の問題でも多少触れていますけどOptical Time Domain Reflectometerの略で、簡単にいうと光ファイバの接続損失を計測する方式の一つです。

光ファイバにレーザを入光して反射光が返ってくる時間差と減衰量からロスを分析するんですね♪

それでは、今日はこの辺で


あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る