B-PONとかE-PONとかGe-PONとか光アクセス伝送技術の問題


さて、今日の電気通信主任技術者のお勉強は光アクセス伝送技術の問題です

まぁ、2011年1月の電気通信主任技術者の試験の本番直前ですので、多少の落ち着かない気持ちはわからなくもないですが、このブログは定常運転で進行していきます。

本番直前で焦って必死になるよりは、平常心を保って冷静に知識の蓄積をしていきましょうね♪
(焦らないと間に合わない人もいるでしょうけど・・・)

さて、そんなわけで光アクセス伝送技術の問題ですが今日の問題はB-PONとかE-PONとかGe-PONなどの概要的な記述でもありますし、頻出されているポイントでもあるので、キッチリ押さえておきたいところですね。

それでは今日のネタはコチラ↓↓
 

光アクセス伝送技術
問題文章 ワンポイント
PONシステムには、設備センタ側からユーザ側への下り伝送路においてTDM方式を用い、上り伝送路においてTDMA方式を用いる伝送方式がある。 この文章は正しいよ 

※コレは頻出!!
☆上り信号はTDMA
☆下り信号はTDM 

B-PON(Broadband-PON)システムには、ATM技術を基本とする光アクセス伝送方式があり、100Mbit/sクラスのスループットに適用できるよう、ONUとOLT間の通信において、ATMセルが用いられている。 この文章は正しいよ 

※B-PONといえばATM!! 

ATMだから、当然ONU~OLTの通信はATMセルを使用する。 

E-PON(Ethernet-PON)システムは、ONUとOLT間のフレーム転送において、可変長のイーサネットフレームを53バイトごとに分割して伝送する方式である。 この文章は間違ってるよ 

●ONU~OLT間のフレーム転送では、イーサネットフレームを分割することなく、そのままの形式で伝送される。 

※イーサネットなんだからフレームは分割しないし、そもそも「53バイトごとに分割」はB-PON(ATM)ですな。 

GE-PON(Gigabit Ethernet-PON)システムによるアクセスネットワークは、1本の光ファイバケーブルを複数のユーザで共用するPONであり、設備センタに設置するOLT、ユーザ側に設置するONU及びアクセス区間に設置する光スプリッタなどから構成される。 この文章は正しいよ 

※なんだか当然のことを書いてるような気がするが「PON」はパッシブだから「光スプリッタ」を使用する。 

さて、いかがでしたか?

PONについては、このブログでも複数回紹介していると思いますがPassive Optical Networkの略で、簡単に言うと1本の光ファイバケーブルを複数ユーザで利用できるサービスの1つなんだけど、そのなかで「受動的な分岐装置」つまり、光スプリッタを利用して伝送路を分岐していることが特徴なんですね。
(ちなみに「受動的な分岐装置」の光スプリッタは電源を必要としないこともポイントね♪)

今日の問題は、専門科目「交換」だけでなく他の専門科目でも出題される可能性は高いですし、それに伝送交換設備及び設備管理の科目でもこの手の問題は頻出しているのでしっかりと押さえておいてくださいね

それでは、今日はこの辺で



あなたにオススメのコンテンツ!

FaceBookでチェック!

「電気通信主任技術者のススメ」は少しでも学習のお役に立ちましたか?
もしよろしければ、ぜひ「いいね!」していってください。
また何か新しい発見をお届けできるかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

コンテンツ紹介

法規タイピング【改】
法規タイピング改

タッチタイピングゲームで法規科目の暗記をサポート!!電気通信主任技術者試験の法規科目の暗記のお手伝いになれば幸いです。(打鍵トレーナーv1.36を利用した長文タイピングです。)
****************************************
交換クイズ
交換クイズ

専門的能力【交換】で過去に出題された問題文章の正誤を判断するクイズです。出題傾向の把握やご自分の実力の再確認にどうぞ!!(サイト上部のメニューバーからジャンルを選択できます。)
****************************************
法規クイズ
法規クイズ

法規科目で頻出の穴埋めや、過去問をクイズ形式で出題してみました!!このクイズだけで合格は難しいかもしれませんが、勉強の合間の息抜きに・・・(多少重いです・・・)

※法規クイズはいくつかのバージョンがあります

ときどき誤字脱字がありますけど、ご容赦くださいませ

ZenBack

ページ上部へ戻る